しちおう ブログ

不登校を経て、作業療法士として病院に勤務、現在は稲沢市議会議員として活動する「しちおう」のブログです。

パブリックコメント募集!

昨年の夏頃より、稲沢市の重要な計画作り(第6次総合計画)に携わってきました。

今後10年間のまちづくりの方向性を定めるもので、「10年間は、計画に書いてあることをやり、書いていないことはやりません」という当市の根幹をなす計画です。

  

会議には、市議の他に各団体の代表者(大学の教授や商工会、医師会など)、公募により総勢28人が選抜されました。市議は26名の中から6人が選出される形でしたが、私はどうしても出たい!と主張して、周りの方の協力のおかげで出られました。

なぜ、そうまでして出たかったのかと言えば、「おそらく、委員に20〜30代の若者はいない、彼らの世代の声を代弁する人が最低1人は必要だ」と思ったからです。加えて、10年後も現役世代でいる者として、計画作りに主体的に携わりたかったからです。

 

変えるためには仲間が必要だ!と、公募委員の告知も行ないました(懐かしい…) 

shichioh.hatenablog.com

 

shichioh.hatenablog.com

 

結果、私含めて20〜30代が3名含まれるという、異例の展開で会議はスタート。

月に1回程度の頻度で、約半年間行なわれましたが、人が多すぎて喋れない人続出、各団体ごとに思惑があり進まない話、提言が一向に反映されない計画など…紆余曲折とはこのことか!と思うことばかりでしたが、一生懸命取り組みました。

 


私は、若者であり、市議であり、そして医療者なので、

具体的には、①健康寿命の延伸(医学的な根拠を用いて介護予防事業を実施。モデル地区を決め、データを取りながら改善していく)、②ハード面ではなく、ソフト面(子育て・教育)に焦点を当てて、若者と子育て世代に投資する、③ワークライフバランス(働き続けられることを支える)、④性的少数者lgbt)への対応、などを提案しました(一部、計画に盛り込まれました)

 


ここからが本題。

実は、本計画の「パブリックコメント」が6月9日まで募集されています。
資料が膨大で、よほどの物好きでないと書く気にならないかもしれませんが…とても重要な計画なので、感想だけでも良いです。是非投書して、他人事ではなく、我が事としてほしいです(市内在住・在勤・在学の方が対象)

 

【リンク先中段にPDF形式で資料が読めます】

稲沢市|第6次稲沢市総合計画(案)パブリックコメント募集

総合計画の要点。

少しだけ計画の概要について触れます。

稲沢市の人口は今で頭打ちで、2027年には一割減の予定です。背景としては、若い女性の人数と、子どもの生まれる数が県下最低水準にあることや、住宅を建てられる範囲が1割ほどしか無いことなどが影響しています。

 

計画では、「人口減少を食い止めるためには何が必要か」をメインテーマに、名古屋圏における存在感を増すための施策(名古屋近郊に住みたい若者を呼び込む)を展開していきます。

 

計画期間は、リニアの開業に合わさっています。行政としては、「名古屋駅から電車で10分の地の利を生かして、リニア開業に伴う好影響を取り込む」ことを目指しています。若者を呼び込み、地域を維持していくためには何が必要なのか?

是非みなさんも考えて、意見を送って下さい。

f:id:shichioh:20170524165830j:plain

しち おう/志智 央
Facebookhttps://fb.com/shichioh
Twitterhttps://twitter.com/shichi_oh
phone:090-4239-4726
mail:shichioh@gmail.com