稲沢市議会議員 しちおう ブログ

不登校を経て、作業療法士として病院に勤務、現在は稲沢市議会議員として活動する「しちおう」のブログです。

不登校は子も保護者も孤独だから。三重県教育委員会の「不登校の子どもを持つ保護者相談会」

稲沢市議会議員のしちおうです。

今朝、不登校の子どもの支援をしている団体と教育委員会とともに意見交換を行いました。

その中で再認識した課題があります。それは不登校の子どものいる保護者の孤立です。

 

生活の大半の時間を費やす学校に行かなくなると、子どもの活動の幅は大きく狭まります。特に学校以外に接点の少ない子の場合、著しく知ることの量、種類、体感出来ることに差が生まれますし、なにより孤立してしまうんですよね。

この孤立を防ぐために、自宅に学生ボランティアが訪問して話し相手となる事業(稲沢市で言う”ホームフレンド”)等さまざまな手段が取られているわけですが、孤立するのは実は子どもだけでなく保護者もです。

 

子どもを介して参加していたさまざまな学校の行事に出ることがなくなるので、他の保護者との繋がりが一気に減ります。また、学校に通っている子の保護者と不登校の子の保護者とでは話題が異なりますし、子が不登校であることを周囲に伝えること自体二の足を踏んでしまう家庭も多いと思われます。

 

「本当は子育ての悩みを共有したいし、相談したい。進路のことも気になる。でも、相談する相手がいない」といった状態に陥りやすいんですよね。そして、保護者の孤立やつらさは子どもに返っていきやすいので、その悪循環を防ぐためにも保護者を支えることが重要です。

 

以上のことから、「保護者同士が繋がれる場があると良い」と考えていたところ、先進的な取り組みを見付けました。それは、お隣りの三重県教育委員会で行われている不登校の子どもを持つ保護者相談会です。

保護者相談会開催の目的としては、

子どもが不登校になった時、保護者の中には、子どもへの対処の仕方がわからず思い悩んだり、子どもの将来に不安を感じたり、不登校になった原因は自分にもあるのではと考え込んでしまうことがある。

三重県教育委員会では、このような保護者が互いに共感し、情報交換できるとともに、必要な情報を得て、適切な支援に繋げることが出来るよう県内8箇所(桑名市四日市市鈴鹿市、津市、松阪市伊勢市尾鷲市伊賀市)で、「不登校の子どもを持つ保護者相談会」を開催します。

とあります。

 

相談会では、三重県教育委員会不登校支援アドバイザー等が講演し、不登校の子どもと保護者を支援した経験や適切な対応などを紹介したり、保護者同士の意見交換会スクールカウンセラーらによる相談対応も実施したりしているそうです。

ま、まさに求めていたものがここに…!

三重県|令和4年度 不登校の子どもを持つ保護者相談会を開催します

 

教育委員会が主体となって、稲沢市でも似たような取り組みが出来ないか?と提案しました。

不登校であったぼく自身も社会復帰のキッカケは進路指導でした(ぼくにも通えそうな高校を担任が見付け、それを保護者が受け取って、ぼくに伝えてくれた)子どもを支援するために、保護者含めた子どもを取り巻く環境へ働きかける。相談会を通じて、それが出来ると良いと感じています。

学習障害「ディスレクシア」と合理的配慮、そしてユニバーサルデザインフォントの活用。

稲沢市議会議員のしちおうです。

今日は6月議会のテーマの一つにしようと思っている「発達障害の中の学習障害に分類されるディスクレシア」について触れます。

ディスクレシアってなに?

ほとんどの人が初めて聞く言葉だと思いますが、文字の読み書きに限定して困難さを持つ状態のことです。

たとえば、数字の「6」とアルファベットの「b」などの形が似た文字や、「b」と「d」、「p」と「q」などの鏡文字の見分けが付きにくいなどで、文章を読むのに時間がかかったり、間違えやすかったりする。

人によっては、文字が下図のように見えるそうです。この見え方では文章を理解するどころか読むこともままなりませんし、見ているだけで疲労してしまいますよね。

出典:「NPO法人エッジ」

 

ディスレクシア発達障害の中の学習障害に分類され、知的能力の低さや勉強不足ではなく、脳機能の発達に問題があります。

しかし、この障害は目には見えないですし、認知度も低いことから、文章が読めないのは努力が足りないからだと思われがちで、当事者は苦しんだり自信を失ったり、学習面でのつまづきから不登校など二次的な問題に繋がることがあります。

 

ディスレクシア。聞き馴染みのない言葉で、ごく少数の人のことなんでしょう?と思われるかもしれませんが、2012年に文科省が行った全国調査では、学習面に著しい困難を示す児童生徒は4.5%存在すると言われています。小中学生の約5%、20人に1人の割合で読み書きに困難を抱えているという事実。

著名人では、ハリウッド俳優のトム・クルーズさんは文字を目で理解することが困難であったため、周りの人に台本を読んでもらい、セリフを暗記して映画撮影に臨んでいたと聞きます。

当事者の声

ある当事者は、「学校は1限から6限まで全部書かないといけない授業が待っていて、なにも楽しくない、自分が劣っているとばかり思い込んで、自信を失った。次第に教室で孤立して、いじめに遭うようになり、学校に行くのが怖くなった」と言います。

その子の場合、タブレット端末のキーボードを用いれば文字が書けることに気付き、1年がかりで学校を説得。筆記用具としてタブレット端末を使えることになり、生まれて初めて作文が書けたそうです。

その後は成績がぐんぐんと伸び、勉強も好きになったそうですが、なぜもっと早く気付けなかったのか?という問題は残ります。

対応策

少なくない子どもが抱えるこの困難に対して、早期に手を打つためにはどうすればいいか。

まず一つ目は、学校での合理的配慮です。ディスレクシアの症状の出方は人によって異なり、大きな文字にする、漢字にるびをふるという合理的配慮で克服できた子もいるそうです。

本人と家族、学校でともに、「どうすればその子の抱える困難さを減らせるか?」を探っていく必要があります。時には前述したように、「前例がない」ことに取り組む必要が出てくるかもしれませんが、必要な手続きを踏めば誰しもが一番良い環境・方法で授業を受けることが出来る権利があることを実践していく必要があります。

・合理的配慮

障害者に健常者と実質的に同じ権利を保障するために,適切な調整や変更を行うこと(例:視覚障害者が試験を受けられるよう,点字の試験用紙を用意する場合など)

 

また、誰にとっても見やすい文字を目指して開発された書体「ユニバーサルデザインフォント・UDフォント」の使用が重要だと考えています。

ユニバーサルデザインフォント・UDフォントは、ディスレクシアの子どもだけでなく、高齢者や障害者、多くの人が容易に読み取ることができることを目指した書体になります。

 

出典:UD書体 | モリサワのフォント | 株式会社モリサワ 

奈良県生駒市教育委員会が2019年2月に、小学生116人を対象に行った実験によると、文章の正誤を判断する問題を、UDフォントと一般的な教科書体で36問ずつ解いてもらったところ、教科書体で66%だった正答率が、UDフォントでは81%に跳ね上がったそうです。


これはフォントの種類が学習障害の子だけでなく、すべての子どもの学習意欲を向上させることに繋がることを表しています。

2018年以降のWindowsには標準でUDフォントが入っているので、授業の資料やテスト問題、保護者に配布するプリント等でフォントの変更を導入出来ないだろうか、と考えています。

 

以上のことなどを次の6月議会で触れて、ぼくが病院勤務時代に関わっていた発達障害学習障害のことを知って頂きながら、彼らの困難さを少しでも軽減していきたいと思っています。

前段階でブログ読者の皆さんにはご紹介を。

 

議会の準備はまだまだこれから。頭から火が出そうですが、良い提言が出来るように頑張って考えて、調べて、書いて、直していきます!

領内寺子屋で絵手紙教室を開催しました【5/13追記】

稲沢市議会議員のしちおうです。

先週末に子どもたちの学習支援教室「領内寺子屋」が開催されました。

ゴールデンウィーク中にも関わらず、8人の子どもたちが参加してくれて、今回初参加の高校生ボランティア4人とともに各自宿題をこなしていました。

今回初参加の高校生たちは最初緊張した面持ちでしたが、ぐいぐい来る寺子屋に慣れた子どもたちのおかげですぐに打ち解けていました。それぞれが気を利かせて、サポートが必要な子どもを見極め適宜声かけしてくれて、大人の出る幕なし。

ぼくが高校生の時は人見知りしてこんな風に子どもと接することは出来なかったから、すごいなぁと見ていました。

 

宿題が終わったあとは、近所にお住まいの先生の手ほどきを受けて、絵手紙作りをしました。初めての筆ペンに戸惑いながらも、みんな一生懸命にいろんな色を使って作業をしていました。

母の日の前日ということもあって、お母さんへの感謝の言葉を書いてくれる子が多くて、こんなカードを娘からもらったら泣くわ…と自分の子どもを重ねながら見ていました(笑)

領内寺子屋では、子どもたちの学習支援を行いながら、子どもがホッと出来たり、気軽に相談出来たりする居心地のよい場所にしていきたいですし、ふだん体験できないこと(ドローンや今回の絵手紙講座など)に取り組むこともしたいし、地域の人たちの活躍できる場にもしたいです。

 

やりたいことたくさんです。欲張りです。けど、一歩ずつ、少しずつ、来てくれる子どもたちによい方向へ進めると良いなぁと思っています。

次回は、6月4日(土)10時から12時まで。お楽しみに。

【5/13追記】

5月13日の中日新聞朝刊 尾張版のページに本活動の様子が掲載されました。とてもすてきな写真と活動の理念や様子が分かる記事でした。

記事を読んだ地域の人がさっそく電話をかけてきてくれて、もしかしたら次の展開が生まれるかもしれません。子どもたちの居心地のよい場作りを通して、地域交流が活発になっていくようこれからも取り組んでいきます。

取材頂いた中日新聞記者さん、ありがとうございました。

▶︎ 中日新聞契約者でネット会員登録もされている方はこちらのページの「尾張版」からご覧に慣れます。

稲沢市議会議員 しち おう/志智 央
Facebookhttps://fb.com/shichioh
Twitterhttps://twitter.com/shichi_oh
phone:090-4239-4726
mail:shichioh@gmail.com

・5月の街頭 市政報告会の予定
 12日:森上交差点

 ※天候などの影響で順延する可能性があります。
    参集頂ける場合は、事前連絡頂けると幸いです。
    時間は7〜8時30分 国府宮駅のみ7〜10時に開催。
    新型コロナでの困りごとなど、気軽に相談下さい。