しちおう ブログ

不登校を経て、作業療法士として病院に勤務、現在は稲沢市議会議員として活動する「しちおう」のブログです。

LGBTの当事者と、違うことと同じこと。

LGBT※当事者の方たちと、お話してきました。

LGBT…女性同性愛者、男性同性愛者、両性愛者、性同一性障害など、心と体の性が一致しない人たちのそれぞれの英語の頭文字(Lesbian Gay Bisexual Transgender)を取った性的少数者の総称。

f:id:shichioh:20170624220125j:plain

 

LGBT。聞き慣れない言葉かもしれませんが、1年くらい前から、当ブログでも触れてきました。きっかけは、ある二つの出来事からです。

一つ目は、性的少数であることを理由に、子どもが自殺した事件を知ったことです。知らないだけで、同様に苦しむ子どもがいるならば、自分にできることを探したい。

もう一つは、親が、子からカミングアウトされた時に、子の幸せを最優先にして受け入れた姿を見たことで、「俺はこんな親になれるのか?」という自分自身への問いから始まりました。

shichioh.hatenablog.com

 

多数派が少数派になる場所。

勉強会は、NPO法人“ASTA"※が主催しています。

会場には、性的少数者と言われる方が大勢いて、もはや少数派ではないナイスな雰囲気。

※ASTA:ホームページ 

LGBT性的少数者と、ひとくくりにされがちですが、会場には、体は女性で、心は男性、性別適合手術を受けてパートナーと結ばれた男性や、息子が同性愛者である母親、両性を愛す女性など、さまざま。

カミングアウトを受け入れられなかった家族が、受け入れていく過程や、同性カップルが、将来を思い描いた時に、ローンや相続、子どもの問題と直面した不安など、当事者の視点で経験や悩みを話してくれました。

f:id:shichioh:20170624220154j:plain

(⬆会場には、性別に関係なく、だれでも使えるトイレも)

 

自分をオープンにする勇気。

当事者と話す会なので、当たり前のように行なわれていましたが、本来、自分をさらけ出すことは、とても勇気がいることです。私も、自分が不登校であったことは、十年以上言うことができませんでした。

彼らは、“自分のこと”を話したいから、そうしているわけではなく、自分“たち”を理解してもらいたいから、体を張っています。誰かのために、自分のことを話している。

 

 

その強さと、“性”を通じて、“自分らしさ”や“幸せに生きること”と向き合っている彼らの言葉に、感動しました。

知ることの意味。

時折、「知ったから、何になるのだ」という言葉を聞きます。

自分自身が、なぜ、知ることを続けているのかと言えば、以前にLGBTについて触れた際に、彼らに対する無理解を指摘された、という、なんとも情けない反省からです。

 

知ることで、他人事であったLGBTという言葉は、変化していきます。知り合いや友人ができると、LGBTに対する非難が、自分事のように痛むようになります。他人事ではなくなってきます。

 

それが、知ることの意味だと思います。 

これから。

話の中で、彼らが直面する教育や制度上の問題と、周囲の理解については、改善する必要性を強く感じました。当事者以外の者が、公の場で発言することの是非に悩んでいましたが、他自治体の職員とも繋がれたので、当事者の声と他自治体の進め方を聞いた上で、稲沢市としてできることを議会の中で探っていきます。

 

しち おう/志智 央
Facebookhttps://fb.com/shichioh
Twitterhttps://twitter.com/shichi_oh
phone:090-4239-4726
mail:shichioh@gmail.com

注文をまちがえる料理店から見る、心のゆとり。

SNS上で、“注文を間違える料理店”が、話題となった。

東京都内で期間限定オープンしたこのお店。注文を間違える…って、どういうこと?と最初は思ったのだけど、理由を聞いて、なるほど。接客を担当する方が“認知症”のために、頼んだものとは別の料理が運ばれてくる可能性がある、ということらしい。

 

一本とられた!というか、とてもおもしろい!

一見すると短所に感じる部分が、長所に転換されていて、素晴らしいアイデアに感じた。反対に、なにがくるのかな?、どんな間違えをしてくれるかな?、という失敗を心待ちにする謎のポジティブささえ生み出している。

 

 

このお店が話題になるのは、秀逸なアイデアだからだけど、このお店を「いいね」と許容する人の多さも表している。私は、それに救いを感じる。

間違いを指摘したり、責めたりする風潮が年々強まり、なんのために、誰のために、が抜け落ちた、ただ謝るだけの謝罪(反省している姿勢を見せることに、重きが置かれる)をよく目にする。そんな中で、別に間違えたって良いし、そんなことは些細なことだ、と思える人がいるということは、私たちにとっても、救いだ。

 

認知症の方にとっても、人や社会との繋がりを持つことや、頭と体を動かす機会があることとても良い効果がある。また、お客さんは、意外性と相手に寛容になれた自分自身を得ることができる。win-winの、とても良い関係性だと思う。

 

 

短所をオープンにすることは、とても勇気がいることだ。

誰にだってできることではないけれど、こういう場所と、許容する人が増えてほしい。「自分はこういう人間だ」と公表することで、去っていく人も、確かにいるけれど、歩み寄ってくれる人もいる。勇気を出して、辿り着いた人と場所は、大きな喜びになる。

認知症や何らかの短所に限らず、自分を出すことが許される社会であってほしい。

 

 

まずは、自分でできることから、ということで、

このお店以外の、ふつうのお店でも、注文を間違えられた時に、「ま、これでもいっか。シェフの気まぐれメニューってことか」と、思えるゆとりを、私自身も持ちたいと感じた。「ま、いっか」と自分や周りにYESと言えることは、とても重要なのだよね。

 

 

【参考記事】

注文を「忘れる」料理店 ふしぎなお店が目指すものは(市川衛) 

 f:id:shichioh:20170621210741j:plain

中部サステナ政策塾の塾生になりました。

はい。タイトルを見て、今回は難しい話か…読むの止めよ…とは思わないで下さいね。

ある政策塾の塾生(と言っても、月に一度、平日夜に集まって学ぶ程度です)になっただけですので。今日は、どんな塾で、初回の講演会で起きた奇跡?を紹介します。

 

持続可能性のある社会へ。

「ESD」という言葉をご存知ですか?

えことばかり言う ちおう ないしよ、の略です。ウソです。

Education  for  Sustainable  Developmentの略で、“持続可能な開発のための教育”と訳されます。万博やサミットの時などに、新聞に載る単語ですが、簡単に言うと、「私たちが今後、何世代にもわたって地球に住み続けるために、何をする必要があるのか?」を考える、営みになります。

 

具体的には、貧困をなくす、すべての人に健康と福祉、教育を行き渡らせる、自然の豊かさを守る、などを目標に、国連が主導し、世界各国が取り組んでいます。これをもっと、細かな単位=地域に落とし込んで、より良い社会を目指す活動が始まりました。

 

それが、中部サステナ政策塾です。

中部大学が事務局となり、持続可能な地域を創るための政策立案・提言ができる20〜30歳代の若い人材を育成する本事業。600文字詰めで応募動機を書いて応募し、見事当選!今年度から参加することになりました。

f:id:shichioh:20170617213008j:plain

私は、思えば、医療や介護、福祉、子どもの貧困や教育、働くということ、自然保護など、持続可能性のある社会への転換に興味があります。学びの成果をそのまま市政に生かすことができる点もあり、私のための塾!と感じました。(最終的には、持続可能な地域を作るための政策を作って、発表)

 

 

私は、もっともっと成長していきたい。

だから、この学びの場を通して、自分自身の知見を広め、各界の先生方と知り合い、同じ想いを持つ同年代と繋がって、より良い地域を作っていきます。

 

どうやら世間は狭いようです。

本日、第一回講演がありました。

マニアックな内容になるので、塾生はどんな人なのだろう…と思ったら、大学生が半数で、残り半数が社会人。市役所職員、県職員、NPO職員、メディア関係者、医師、市長選挙の落選者、教師など。

 

マニアックな内容(二度目)なので、知り合いはいないと思っていましたが、なんといました!しかも、高校時代の先生!こんなことってあるの?というか先生まだ30代だったの?と驚きました(失礼/笑)

 

これから、約半年間、高校の時に先生だった方と、同じ生徒になります。不思議な縁です。とても楽しみです。どんなことを学んでいるか、また報告しますね。

 f:id:shichioh:20170617213133j:plain

しち おう/志智 央
Facebookhttps://fb.com/shichioh
Twitterhttps://twitter.com/shichi_oh
phone:090-4239-4726
mail:shichioh@gmail.com