しちおう ブログ

不登校を経て、作業療法士として病院に勤務、現在は稲沢市議会議員として活動する「しちおう」のブログです。

稲沢市に住む小児がんの子へ、助成制度がスタート!

稲沢市議のしちおうです。

本日、私の議会質問が終わりました!

 

そして、なんと…

答弁の中で、加藤市長から「子育て支援の一環として、小児がん抗がん剤等の治療により免疫がなくなり、予防接種の効果が期待できなくなった子の任意予防接種費用を来年度から助成する方向で調整する」と回答を頂きました!

 

以前に中日新聞でこの問題が取り上げられたのを見て、関心を持って下さっていたそうです。

shichioh.hatenablog.com

 

加藤市長は「子育て・教育は稲沢で」をスローガンに、子どもと子育て世代へ向けた施策を行なっていて、今回のは、第2子の幼稚園授業料・保育園保育料の無料化、小中学校へのエアコン導入に続く新たな実績となります。

 


9月頃に相談を受けて、達成するためにいろんな策を練って、こうして政策という形になると本当に嬉しいですね。。市長、担当課の方々、名大病院の先生、手伝ってくれた友人、そして、相談下さった当事者の方々。みんなに感謝です。


特に、当事者の方々からはたくさんの資料を頂き、提言の参考にさせてもらいました。

私は、市のあらゆる課題に対して、同じ熱量で打ち込めているか?と自分を見つめ直すキッカケにもなりました(親のパワーと子への愛情ってホント強くて、すごい!)

 


もう一つのテーマである認知症に対する施策も、

認知症や若年生認知症の方が、「認知症 稲沢」とインターネットで調べた時に、すぐ支援機関に繋げられるような整備作りに取り組んでもらえることになりました。

認知症 稲沢」で検索すると市HPがヒット。覗くと、認知症チェックリストが出来て、該当者は包括支援センターなど相談機関へ連絡できるようになるイメージ。認知症チェッカーと題して既に導入済みの自治体も。

 

認知症と予備群の人を合わせると、65歳以上の4人に1人が認知症と言われます。私は違う、そうはならないと思いたいけど、そういう人は介護者になっています。

つまり、私たちは認知症に何らかの形で関係してきます。

 

その中で重要なのは、認知症の早期発見と早期介入です。

来年4月から稲沢市で始まる専門家チーム(認知症初期集中支援チーム)が、その目標を実現できるよう、今のうちから考えておかなければならないことを質問しました。

今後も専門家の視点でチェックし続けていきます。

 

 

最後に。傍聴に来て下さった方々、本当にありがとうございました!
もう一度聞きに行っても良いなと思ってもらえるよう今後も精進します。

f:id:shichioh:20171213141027j:plain

議会登壇翌日の中日新聞 尾張版に今回の取り組みが載りました。

 

しち おう/志智 央
Facebookhttps://fb.com/shichioh
Twitterhttps://twitter.com/shichi_oh
phone:090-4239-4726
mail:shichioh@gmail.com

議会は、今までと違うことは許されない場所なのか

稲沢市議のしちおうです。

稲沢市議会は、年に1度、トップである議長が代わります。

12月議会は、10月に新任された議長の初議会になるんですね。

shichioh.hatenablog.com
 
議会において、議員の発言を許可するのは議長です。

発言者をフルネーム+くんorさんで呼ぶのがフツーなのですが、(私なら、しちおうくん。女性だと、さん付けですね)新しい議長は最初だけフルネームで、2回目以降は名字+くんorさんで呼んでいます。
  
  
一方で、行政側は名字+役職名で呼ばれます。「田中福祉保健部長」といった具合ですね。そして、行政側だけ、発言前に名乗ることが義務づけられています。
 

例)

田中福祉保健部長「はい(手を挙げる)」

議長「田中福祉保健部長(発言者を当てる)」

田中福祉保健部長「福祉保健部長の田中です。ただいまの〜(答弁開始)」 

 
これを毎質問やります。毎回名乗ります。

私は、名前と役職は分かったから、答弁はよ!と思います。

上品に言うと、お時間の無駄であそばせる、と思います。
 
今の議長になってから、2回目以降は「田中部長」と省略して呼ぶようになりました。
 
これは新しい議長なりの改革なのでしょうし、自分のカラーを出そうとすることを私は尊重しています。
 
 
ところが!

変化のあった初日、議会内から物言いが付き、二日目の今日に廃止が決まりました。

理由は「今までと違うから」です。
 
 
私は、「昔っから決まっとる!」だけの理由で物事が進むのが嫌です。

過去から続くものに敬意は払っていますが、今までがそうだった、は理由になりません。重要なのは目的で(この場合は職・氏名がみんなに分かれば良いので、初回だけ伝えれば以降は簡略可と思われる)、必要であれば変える勇気が必要だと思います。

 

こんな些細な変化も許されず、少しでも変えようとするとストップがかかる議会なう…
 
 
と言うわけで、明日の一般質問では私がフルネームで呼ばれます。

決して、しちおうが名字ではありません。しちが名字で、おうが名前です。
 
 
傍聴に来て下さる素敵な方々はそこらへんも楽しみながら見てみて下さいね(^^)

 

 

※くん、さん付けも性別で分けているので、両方さん付けか◯◯議員の方が良いかもしれませんね。

f:id:shichioh:20171211213941j:plain

しち おう/志智 央
Facebookhttps://fb.com/shichioh
Twitterhttps://twitter.com/shichi_oh
phone:090-4239-4726
mail:shichioh@gmail.com

稲沢市で給付型奨学金がスタート!

稲沢市議のしちおうです。

稲沢市独自の奨学金が始まろうとしています。

学歴社会の弊害。

日本は学歴社会で、高学歴なほどその後の就職は有利となります。

良い企業へ就職できると収入も安定し、子どもの学業に対して投資ができます。

親の収入と子の学歴とには相関があり、次代に引き継がれていくということです。

ただ、このような正の連鎖がある一方で、負の連鎖も生まれます。経済的に苦しい世帯で育った子が、学業と就職に恵まれず、貧困の連鎖から抜け出せなくなるということです。


そんな子のために奨学金制度がありますが、多くは返済が必要です。

もちろん返済は必要なことだけど、「就職というスタートラインに立った時点で、周りと違って数百万円の負債を抱えている状態が本当に望ましいことなのか?」そんな議論が始まり、子どもの貧困を断ち切る手段の一つとして、教育の無償化が掲げられるようになりました。

 

 

国は教育の無償化の検討を始めていますが、先行して支援を始める企業や自治体が出てきました。

たとえば、卒業後しばらくは特定の企業に勤める(あるいは特定の自治体に住む)代わりに、大学の授業料を免除するタイプ。

または、個人の寄付などで集められたお金を原資に、返済義務のない奨学金を受け取るタイプです。

 

稲沢市初の奨学金制度。

そして、この度、稲沢市で後者の「給付型奨学金」が始まろうとしています。

発端は個人の寄付で、その額なんと、5,000万円

このお金を原資として、高校生に対する奨学金をスタート。

対象は、市内在住、卒業した市内中学校の推薦がある子。毎年度、20人以内。三年間月1万円を給付する予定です。

 

今回の議会で話し合いがされていますが、私はもちろん賛成。寄付金の5,000万円は8年後に無くなるので、その後も続ける方法を探ってもらうよう行政に対して要望しています。

 

本当は、大学に行く・行かないだけで、“ふるい”にかけられることのない就職システムへの転換が必要です。学歴だけで個人の仕事の資質なんて測れるわけがないし、一律の評価システムは企業の多様性を邪魔していると感じます。

でも、今はまだ既存のシステムの中にいて、支援は待ったなしだから、この奨学金で子どもを少しでも支えられたら…と考えています。

多くの人の賛同を得て、無事にスタートできると良いな。

f:id:shichioh:20171208194820j:plain

しち おう/志智 央
Facebookhttps://fb.com/shichioh
Twitterhttps://twitter.com/shichi_oh
phone:090-4239-4726
mail:shichioh@gmail.com