しちおう ブログ

不登校を経て、作業療法士として病院に勤務、現在は稲沢市議会議員として活動する「しちおう」のブログです。

小・中学校の熱中症対策

連日、猛暑が続いている。

風鈴とか打ち水とか、日本らしい夏の乗り越え方はもう通用しないレベルだ。

身の危険を感じる暑さだと思っていたら、

実際に熱中症で亡くなる方が出てきた。愛知県内でも小学生が亡くなってしまった。 

 

死亡の原因 

引き金は、毎年行なっている校外学習だ。

午前中に1km先の公園に歩いて行き、

1時間ほど遊具で遊んだり、虫取りをして遊んだらしい。

 

当時の気温は、33度。

気象台は高温注意情報(最高気温35度以上が予想される状態)を出していた。

 

子どもは、体温調節機能が大人と比べて未熟だ。

加えて、背が低く地面からの照り返しの影響を受けやすいため熱中症の危険が高い。

 

全員が体調を崩したわけではないので、その日の、その子の体調も関係しているのかもしれない。学校側も、毎年行なっている校外学習という油断もあったのだろう。

 

はたして、エアコンを付ければ解決するのか?

この事故を受けて、学校へ未配備なところが多いエアコンの設置が言われ始めた。

僕が住む稲沢市も、約10億円かけて、平成30年度から平成32年度までの3年間で、小・中学校にエアコンを付けようと動いている。

 

良いことだと思う。賛成している。

ただ、今回の事故はエアコンを付けるだけでは防げない。

熱中症の知識を付けることと、屋外活動の基準作りも行なう必要がある。

 

総合的な熱中症対策を

まず、熱中症の知識を付けることだ。

前述した子どもの熱中症にかかりやすい特性を知っていることもそうだし、

熱中症にかかった後の対応を学んでおくことも重要だ。

 

亡くなった子は、校外学習に向かう時から体調不良を訴えていた。

加えて、帰ってきた後にも体調不良を訴えていたが、

報道を通して伝わってきた学校の対応は、教室で扇風機の風を当てただけと聞く。

 

一番は救急車を呼ぶことだけど、その判断が出来ないにしても、

エアコンの入った部屋に移す、水分だけでなく塩分を摂る、服を緩める、太い血管の通る場所(鼠蹊部など)を冷やすなど、基本的な応急処置はできたのではないかと思う。

環境省 熱中症予防情報サイト ##熱中症の対処方法(応急処置)

 

 

もう一つは、校外学習や体育、部活を行なう際の基準作りだ。

「気温」だけではなく、熱中症に繋がりやすい「湿度」、「日射・輻射など周辺の熱環境」から判断する暑さ指数(WBGT)を用いて、〇〇以上は、屋外での活動を止める、あるいは時間を短くするといった判断が必要だと思う。

・暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標。 

環境省 熱中症予防情報サイト 暑さ指数とは?

 

既に動き始めた学校もあり、

屋内での授業に切り換えたり、部活の時間を短くするなどの配慮をしている。

  

 

熱中症はマジに甘く見ない方が良い。

かく言う僕も、街頭活動やポスティングで体調を崩したことがある…

今思うと危険なレベルだったので、自戒を込めて思う。

 

悲しい事故を繰り返さないためにも、

学んだこと(暑さ指数の存在を初めて知った)を政策に生かしていきたい。

 

体調を崩さないよう、みんなで気を付けていきましょう。

f:id:shichioh:20180624163749j:plain

しち おう/志智 央
Facebookhttps://fb.com/shichioh
Twitterhttps://twitter.com/shichi_oh
phone:090-4239-4726
mail:shichioh@gmail.com

夏を通り過ぎた日

暑い。

今日の稲沢市の最高気温は、37度。

全国では、39度台を記録するところもあり、猛暑日が続いている。

 

 

気になって調べてみたところ、

猛暑日の定義は、最高気温が35度以上の日らしい。

最高気温が25度以上を夏日。30度以上を真夏日

ここまでは夏の名を冠しているけど、35度以上は猛暑日

どうやらもう夏ではないらしい

 

 

 

僕が子どもの頃は、クーラーがなくても生活できる日があったけど、

今は無理だ。というか体にとって危険な領域になってきた。

気象庁の気候変動監視レポートを見ると、主観とか精神論とかじゃなく、客観的にも気温は上昇してきており、特に真夏日猛暑日、そして熱帯夜の日数は大きく増えてきた(特に都市部で顕著)

 

日本は暑くなってきている。

なんでこんなに暑いのだ。

 

そして、この男(わたし)はなんでこんな暑い中、立っているのだ

f:id:shichioh:20180717145517j:plain

と、(おそらく)思われつつ、今朝も元気に街頭活動をしている。

最早、部活の朝練みたいになっているけど、

チラシを貰ってくれる人や、応援してくれる人がいるから、頑張れている。

(もちろん体調管理には充分に気を遣いながら活動しています。みなさんも熱中症にはくれぐれも気を付けて、無事に帰ってきて下さい)

 

 

遠くにやりがちだけど大切な市政を身近に届けるために、

僕は望んで街頭活動をしているけど、もしも、

もしも、「頑張ってるなー」「応援したいなー」と思われた方がいたら、

7月29日 13時30分から始まる勉強会に是非お越し下さい

 

いきなり壮大な宣伝が始まって混乱されている方も見えるかもしれませんが、

僕も自分の主催する勉強会にあまりの参加者の少なさに混乱しています

 

7月29日です。13時30分から16時までです。

講師と当事者をお招きしたなかなか無い機会です。

ぶっちゃけ、参加者不足で困っています。是非お越し下さい。

 

 

よし。これだけ書いたのだから、

「ブログを読んで来ました!」という方がきっと一人は見えるはずだ…!

よろしくお願いします!!

f:id:shichioh:20180717145546j:plain


しち おう/志智 央
Facebookhttps://fb.com/shichioh
Twitterhttps://twitter.com/shichi_oh
phone:090-4239-4726
mail:shichioh@gmail.com

議会「俺はまだ本気出してないだけ」

先日参加させてもらった研修の2日目。

先進的な取り組みをしている議会として、

岐阜県可児市や愛知県犬山市(近い!)の報告があった。

f:id:shichioh:20180714230146j:plain

 

いずれの報告も議会が本気出せば、すごい力を発揮できるという内容だった。

どういうことか?

たとえば、議員個人が行政に政策を提言できる場として一般質問があるけれど、

行政の返答は「難しい」、良くても「検討します」で終わってしまうことが多い。

 

しかし、可児市議会では、一般質問で出た議員の発言をピックアップ。

勉強したり、専門家に意見を聞いたりしながら、議会として意見を磨き上げ、

議員の意見ではなく、議会の意見として提言することで、

全ての要望を行政に飲ませていた。

 

何回も、何年も言い続けてきたことが、

この方法で一気に進むこともあったらしい。つまり、それだけの力があるのだ。

 

 

議員は市民の代表として選ばれているけど、

議員個人だけの意見では(稲沢市で言えば)1/26名分の力しかない。

しかし、議員個人ではなく、26/26名分。つまり、議会の総意として出された意見は、

市民の代弁そのものだ。

市民のために、市民の税金で運用されている行政は聞かないわけにはいかない

f:id:shichioh:20180714230217j:plain

 

別の視点で見てみても、

たとえば、行政が「〇〇をやります」といくら提案してきても、

議会がノーを突き付けたら、何もすることはできない。

(行政は予算などの提案権はあるけど、それにゴーサインを出せるのは=議決するのは、議会の役割になる)

 

よく議員には何もできないと言われる。

議員自らも、自身の力不足を感じて絶望する。

たしかに議員一人にはちっぽけな力しかないかもしれない。

しかし、議会は違う。議会には力がある

 

今は議員個人の力不足や、議員同士で力を合わせられていないために、

議会が持っている力を充分に発揮できていないだけだ。

僕一人にできることはわずかかもしれないけれど、

議会が機能するために力を尽くしたいし、周りを巻き込んでいきたい。そう思った。

f:id:shichioh:20180714230238j:plain

しち おう/志智 央
Facebookhttps://fb.com/shichioh
Twitterhttps://twitter.com/shichi_oh
phone:090-4239-4726
mail:shichioh@gmail.com