しちおう ブログ

不登校を経て、作業療法士として病院に勤務、現在は稲沢市議会議員として活動する「しちおう」のブログです。

その声の主も、私たちと同じ人間なのに。

先日、海外のお客さんがあった。

知人の「しちおうに会う」という言葉を「しちおうに会う→しちように会う→市長に会う」と勘違いして、市長に会えると思って付いて来たらしい。その方のガッカリ具合を思うと申し訳ないけど、しめしめ…新たなおもしろい勘違いができたわ、グッジョブと思った。

 

 

さて、そんな名前エピソードに事欠かない私は、FacebookTwitterというSNSをたしなむ程度にやっている。

頻度は9割がFacebookで、1割がTwitterといった具合だ。

両者の区別はいろいろとあるけど、一つは匿名性の差だと思う。Facebookは“原則”実名登録になっている(本名でなくても登録はできるけど、実名登録者が多い)Twitterは反対に匿名性が高く、どこの誰が言っているかほとんど分からない。

 

匿名性は人を凶暴にするのか。

SNSを覗くと、いろんな言葉が綴られている。言葉に善し悪しがあるかは分からないけれど、見ず知らずの者に対して投げかけられる鋭利な言葉や、見るのも不快な言葉が並んでいる時もある(幸いなことに、自分に投げかけられることはありません)

  

それを可能にするのは匿名性だと思う。

誰が言っているか分からないから、何を言っても良いと思っている。

私はネットと共に育ってきた世代だ。昔からネット上でのマナーは問題視されていて、ネチケット(ネット上のエチケット)という言葉が飛び交っていた。“対面して言えない言葉を、ネットだからという理由で使わない”という前提が成り立っていたけど、どうやらそれが通じない時代になってきたらしい。

 

それを可能にするのは匿名性であり、増幅するのは想像力の欠如だと最近感じる。

 

想像力を取り戻す。

先日、海外のコールセンターで、職員のストレス軽減をする取り組みが紹介されていた。

呼び出し音に待たされてイライラする客と、そのイライラを受け止めるコールセンターのオペレーター。両者の関係性を改善するため、呼び出し音を“オペレーターの家族の声”に変更したのだけど、客の態度が大きく変化したらしい。

 

具体的にはオペレーターの家族に協力してもらって、「私の親切で勤勉な娘が、もう少しで対応させて頂きます」、「僕の大好きな妻が、すぐにあなたの問題解決の手助けをします」、「私が世界一好きなママが、すぐにお助けします。もう少しだけお待ち下さい」とアナウンスする。

 

これだけで、客とオペレーターの感じるストレスは大きく改善した。

「オペレーターにも家族がいて、戸惑ったり、傷付いたりする普通の人間」という事実が、相手を尊重するという気持ちを取り戻すキッカケになったのだと思う。

 

この人も自分と同じ人間だ、という当たり前のこと。

私たちは、お互いの顔が見えないだけで、容易に傷付け合ってしまう。

分かった風のことを書いている私も、コールセンターに30分近く待たされて怒ったことがある。あの時のオペレーターは仕事を終えて帰宅した時に何を思ったのだろう、と考えると申し訳なさがこみ上げてくる。

 

だから、自戒を込めて思う。

顔を突き合わせて言えないような言葉は、顔を突き合わせていない環境でも言わない。

自分の思いや気持ちは伝えるけど、相手も一人の人間であることは忘れない。

 

これは、SNSや問い合わせに限らず、いろんな場面で言えることだと思う。

世の中から段々と想像力が失われていくような怖さを感じる中、自分自身の中からも失われるかもしれないそれに敏感でありたい。

f:id:shichioh:20170919224425j:plain

しち おう/志智 央
Facebookhttps://fb.com/shichioh
Twitterhttps://twitter.com/shichi_oh
phone:090-4239-4726
mail:shichioh@gmail.com

一般質問終了:ますます稲沢から目が離せない結果に。

本日、一般質問の登壇日でした。

今回も友人が何名か傍聴に来てくれました。

中には「社会見学」と題して、市外から来て下さった方も(社会見学大歓迎です!)

傍聴者がいると普段の何倍も力をもらえて、気を良くした私は、制限時間60分いっぱい喋り倒してきました(^^)

来て下さった方々、本当にありがとうございました!
 
 
今回の質問は、まちづくりミーティングで長い間議論を深めた「名鉄本線の鉄道高架事業」について取り扱いました。

私は事業を進めるのには慎重な立場で、主な主張は以下の二点。

 

①完成までに40年という長い月日と、65億円プラスαの莫大なお金がかかるけど、他の政策(子育てや、鉄道を上げる以外の街づくり)にお金を使った方が良くない?
  
稲沢市の人口は、40年後には約4割減少の見通しだけど、鉄道を持ち上げて渋滞を減らさなくても、技術革新もあって、渋滞自体減るんじゃない?

などを聞きました。


 
返ってきた答えは、「事業にかけた費用の1.18倍の効果が見込める。渋滞解消以外にも、踏切の解消、線路で分断された地域の解消にもなる。これくらい大きなキッカケがないと街づくりが進まないので、街づくりと並行しながら名鉄高架をやる!」でした。
 
 
マジか

いや、元々、推進する方向へ舵が切られていましたけども、

だからこそ、「本当にそれが最優先課題なのか、近隣市町が既に終えている事業を40年かけて後追いするのか、工事期間40年の間に若者は他市へ出て行ってしまわないか」という問いに納得できる回答がほしかったです。

 


「利益がある」と言われていた計算式が、人口が増えていく前提で作られていたこと、

また、「40年前に渋滞はあって、今も渋滞はある、だから40年後も渋滞はあるだろう」という答弁もありましたが、確実に人口は減る見通しで…根拠が薄くモヤモヤ。。


 

きっと、今回の質問が口火となって、これから様々な議論が始まると思います。

この問題は一緒になって質問作りをしてくれた人たちと継続して取り組んでいきたいなあ。
 
 
いやー、ますます稲沢市政から目が離せません。

f:id:shichioh:20170914234103j:plain

f:id:shichioh:20170914234133j:plain

f:id:shichioh:20170914234159j:plain

(難しい議題だったので、絵を使ってまとめられないかと思いましたが、絵心のなさが露呈して無理でした…)

地方議員は地方全体のモノか、地元のモノか。

前々回の記事(旧祖父江支所の跡地利用について書いた記事)をSNSに投稿したところ、

100件近いコメントが寄せられる大盛り上がりを見せた。

shichioh.hatenablog.com

 

みんな私のことが好きなのね、と思ったがそうではない

内容を読むと、私の意見に対して共感と反感の両方があり、総じて関心の高さが伺えた。今後のためにも、一度まとめてみようと思う。

 

興味持った派。

・前から気になってた。どんな施設ができるの?

・今ある施設も赤字と聞いたけど、活用できる施設になるの?

 

今回の投稿が興味を持つキッカケになったようで、素直に嬉しい!

これを機に他の動きも目に入るようになるだろうし、考えるキッカケ作りはとても大事。今後も、今まで知る術がなかった人たちへ届けていきたい。

 

共感派。

・「結果ではなく過程への市民参加」に共感。

・「「こんな施設作ります」という“結果”だけ示されても、困る。話し合いの“過程”に参加することで、問題を「どうしたら良いかな?」と自分事として捉えられるのでは?

 

説明会に違和感を持ったのは、おそらく私含めて限られた人だったけど、SNSでの反応では最も多かった層。私の友人・知人である(価値観が近い)のももちろんあるけれど、地域・年代による差も大きいのかもしれない。

 

多年代の意見を聞き、結果ではなく過程の段階から市民参加ができることが求められていると再認識した。

 

反感派。

祖父江町にもっとお金を使ってほしい。

祖父江町に住む議員なのだから、祖父江に住む人の意見をよく聞け。

 

 

おそらく、こういった批判は出るだろうと予測していた。

私は市議会議員は「稲沢市民の代表」と思っているけど、地域から推されて出ている方がほとんどの現状では「地域に利益をもたらす人」を求める人も多い。

未だに口利きとか見聞きするし、そういう議員を求めている人に「いや、市全体のこと考えたら、それ違くね?」とか言うと、そりゃ怒られる。

 

でも、「市議は地元のモノ」が定着すると、議員がいない地域は何も言えなくなっちゃうし、議員自身が地元以外のできごとを他人事と思ってしまう

 

 

それは、私自身の反省からも来ていて、良くないと思っている。

私は市全域をカバーできるようになりたいし、全体を見て物事を判断したい。

 

だから、どの地域でも、「結果だけ示して住民を納得させようとするやり方」や「結論ありきで、意見を聞かないやり方」には反発するし、それが結果的に地域のことを考えるってことだと信じている。

 

 

ちなみに、SNSは文章のやり取りのみの世界なので、穏やかでない投稿もありました。誤解や軋轢を生みやすい環境の中で、どのように反感を持つ人と心塞がずに議論していくのか、とても難しいことだけど、身に付けていきたいスキルです。まだまだ修行の身だなー。

f:id:shichioh:20170911134912j:plain

しち おう/志智 央
Facebookhttps://fb.com/shichioh
Twitterhttps://twitter.com/shichi_oh
phone:090-4239-4726
mail:shichioh@gmail.com