読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しちおう ブログ

不登校を経て、作業療法士として病院に勤務、現在は稲沢市議会議員として活動する「しちおう」のブログです。

フランスで起きた同時多発テロについて

フランスで起きたテロに関して、
被害に遭われた方々に謹んで、哀悼の意を表します。

 

本人や家族の心情を思うと、悲しい気持ちになります。
その気持ちの奥に、加害者への怒りや憎しみも、あります。
直接的な被害を受けた方々は比較にならない程に感じているでしょう。

 

自分の身に起きた時、相手を許すことが出来るのか…
私は、正直自信がありません。

 

ただ、その怒りや憎しみを何に向けているのか考えると、
加害者だけでなく、命を奪う、「行為」そのものにも感じています。

私は弱くて、相手を憎む気持ちを無くせはしないけど、命を奪うことに反対であるが故に、殺傷のための反撃も許しちゃいけないのだと思う。


今、フランスは反撃を始めています。
上記で触れたパリでのテロが誘因ですが、そのテロの誘因は9月に始まったシリア領内のIS支配区への空爆(フランスを含む有志連合によるもの)です。
先に仕掛けたのはどちらなのか、追い込んだのは誰なのか…
関連する差別などの問題も含めて、根を辿る必要があるのだと思います。


政治的過ぎる話は、触れない方が良いのでしょうけど、先立って亡くなられたジャーナリスト後藤健二さんの事件の時に、無関心でいることを止めたいと思ったことが記憶から薄らいでいた自戒を込めて、書きます。