稲沢市議会議員 しちおう ブログ

不登校を経て、作業療法士として病院に勤務、現在は稲沢市議会議員として活動する「しちおう」のブログです。

学校に死ぬほど行きたくない君へ。

もうすぐ夏休みが終わる。

子どもの自殺が最も多い日を迎える。

f:id:shichioh:20190829193541p:plain

学校に行きたくない子にとって、9月1日の朝がくることがどんなにこわいことか。

ずっと夜が続けば良いと思う気持ち、ぼくにも分かるよ。

君の前には今、学校へ行って死にたくなるほどつらい思いをするか、学校へ行かないために死ぬか、二つの選択肢がある。

 

と思うじゃない。

でも、選択肢は本当に二つかな?

学校へ行かない、学校以外の場所で学ぶ、他にもたくさんあるよね。そして、君が年齢を重ねるごとに、選択肢は増えていく。だから、どうか死ぬことは最終手段に取っておいて、それ以外の選択肢を考えてみてほしい。思い浮かばない時は周りの人と考えてみよう。


たとえば、学校に行かないことを選ぶとどうなるだろう。

まぁ、すぐに周りの大人が根掘り葉掘り理由を聞きたがるだろうね。そのうちに、いじめは悪いとか、負けるなとか言いはじめる。君の悩みの種が、いじめかどうかも分からないのに。

でも、もし君が言えそうなら、言える相手がいるなら、行けない理由を告げてみて。無理そうなら、言わなくても良い。言えるようになったら伝えるといって、待ってもらって。きっと、分かってくれるよ。君がいなくなってしまうことに比べたら、それらはあまりに大したことではないから。

f:id:shichioh:20190829193118j:plain


学校に行かなくなったあとは何をしようね。

ひとまず、心と体を休めても良いかもしれない。

そのうち何かしたくなってきたら、自分の好きなことから始めてみたらどうかな。ぼくはひたすら本や漫画を読んだり、音楽を聞いたりしていた。あと、時々、いやほんの少しだけ勉強も。


人に会うのが苦じゃなかったら、趣味の集まりとか、同じく学校へ行っていない子が集まる教室とか、理解してくれる大人の友達とか、いろんな人に会うと良いよ。死ぬほどつらい思いをして学校で過ごすくらいなら、学校の外で君が笑っていられる時間を増やしていこうよ。


今は自信を失ってしまっているかもしれない。

でもね、たまたま、その場所や人が、君に合わなかっただけなんだよ。君が自分を責めることはない。それよりも、君に似合う場所と人を探すことに時間を使おう。


これから出会う人の中には、君と同じように悩む人、学校に行っていない人ももちろんいるし、君のことを必要として、また君もその人を必要だと思う人がいる。すぐには会えないかもしれないけれど、必ず出会う日がくる。その人も君が命を繋いで、未来で会えることを待っている。

 

その時、君は自分が思い悩んでいた日々を思い出して、この日のために今があったのだと思うんじゃないかな。それは少し先のことかもしれないし、そう遠くない未来かもしれないけれど、必ずやってくる。


だから、今は、命を繋いでいてほしい。

学校になじめなかった先輩として、いつでも相談に乗るよ。

志智 央
09042394726
shichioh@gmail.com
LINE:@sle4700s

 

【相談機関】
・ユースガーディアン
http://ijime-sos.com/?p=1012

※相談対応ができる団体リストあり

・チャイルドライン
https://childline.or.jp/index.html

f:id:shichioh:20190829193052j:plain