しちおう ブログ

不登校を経て、作業療法士として病院に勤務、現在は稲沢市議会議員として活動する「しちおう」のブログです。

国府宮はだか祭

稲沢市最大のイベント・国府宮はだか祭がありました。

はだかになるのは、25歳と42歳の厄年の男性が中心となり、

地域の方が書いた願い事(なおい布)を神社へ奉納しに行きます。

f:id:shichioh:20180301103457j:plain

 

各地区から、国府宮神社にはだか男が集結。

そして、奉納の最後には、参道に神男が出現します。

神男は、みんなの厄を背負って、祭殿内に駆け込みますが、

神男に触れると厄を祓えると言われていて、はだか男が殺到するところが見所ですね。

 

ちなみに、神男めがけてはだか男が殺到するのは命がけになります。神男経験者の方に聞いたところによると、ほとんどの人は触れないらしく、触れても神男っぽい人だったということがよくあるらしいです。特に、神男は身を清めて毛も剃っているので、坊主の人は勘違いされてもみくちゃにされるとか…

 

f:id:shichioh:20180301103425j:plain

写真は、前日に奉納される大鏡餅。

大きさは、米俵50表(4トン)この餅を食べると無病息災の言い伝えがあって、多くの参拝者が買い求めます。また、はだか男が身に付けている布(なおい布)も身に付けると厄除けになると言われていて、祭の中で分けてもらったり、神社で買い求めたりします。

 f:id:shichioh:20180302112101j:plain

病院に勤めていた時、はだか祭の翌日はほとんどの患者さんがなおい布を持っていました。町内を練り歩く際に、はだか男が病院に寄ってくれるんですね。杖にキラリと光るなおい布。普段より軽い足取り。稲沢市民にとって、本当に大切なお祭りなのだろうと感じます。

 

 

はだか祭は、旧正月に行なわれていて、来年2019年は2月17日(日)に行なわれます。

 

ちなみに、僕は毎年「今年こそは…」と言いつつ、今年も参加できませんでした。。

42歳の厄年の時に、一緒に参加してくれる人を募集しています。

 

はだか祭 « 尾張大國霊神社 国府宮

しち おう/志智 央
Facebookhttps://fb.com/shichioh
Twitterhttps://twitter.com/shichi_oh
phone:090-4239-4726
mail:shichioh@gmail.com