しちおう ブログ

不登校を経て、作業療法士として病院に勤務、現在は稲沢市議会議員として活動する「しちおう」のブログです。

死ぬほど学校に行きたくない時にとる方法。

毎年、この時期になると考えることがある。

それは、子どもが最も自殺する日である9月1日を迎えるからだ。

子どもの自殺する日は、夏休み明けと新学期前後に集中している。長期休暇で苦しい場所から逃れられたのに、また同じ場所へ戻ることになるからだろう。


私は学校に行っていなかったから、毎日が夏休みみたいなものだった。

ただ、夏休み明けに生じる「9月から復学するのではないか?」という周りからの期待とプレッシャーには怯えていた。だから、8月31日夜の苦しさの一部を、知っている。

 

 

夏休みが終わり、苦しい場所から逃れられていた期間も終わる。

それは確かだけど、実は夏休みは自分次第で延ばすこともできる。「ここにいたら死にそう」「学校に行くくらいなら死にたい」と思うなら、夏休みをもう少し延長しよう。

方法は簡単。行かなきゃ良いだけ。

それは、今のあなたにとって勇気がいることかもしれないけど、必要なことだ。

学校に行くよりも大切なこと。

 

 

不登校になると親が悲しむとか、落ちこぼれてしまうとか、思うかもしれない。

でも、学びたいのなら、家でも図書館でもどこでもできる。

友達だって、学校以外に人と交われる場所なんていくらでもある。気の合う仲間に必ず出会える。

学校は、ただの場所。学校の中でやれることは、別に他でもできる。命をかける所ではない。


試しに、自分の好きなことをしてみると良い。

私は夏休みと冬休みを通り越して、2年以上休みを延長したけど、勉強はそこそこに、本読んだり、音楽聞いたり、絵を描いたりばかりしていた。

でも、今もフツーに生きている。

 


学校に行きたくない自分になっても、学校に行かない自分になっても、終わりじゃない。

何一つとして終わってなんかいない。

その先に、いくらでも、道が繋がっている。

だから、安心して、今は別の場所で過ごして。

f:id:shichioh:20170829103530j:plain

しち おう/志智 央
Facebookhttps://fb.com/shichioh
Twitterhttps://twitter.com/shichi_oh
phone:090-4239-4726
mail:shichioh@gmail.com