しちおう ブログ

不登校を経て、作業療法士として病院に勤務、現在は稲沢市議会議員として活動する「しちおう」のブログです。

稲沢市の子ども食堂スタート。

f:id:shichioh:20170802160452j:plain

 稲沢市で、おそらく初めての子ども食堂が開催されました。

 【過去記事−子ども食堂調査 第一弾・春日井市−】

 【過去記事−第二弾・大府市−】

 

 主催は、稲沢市で学校給食員として働く方々で、稲沢市社会福祉協議会を借りて実施。季節の野菜を使ったカレーライスと、フルーツポンチが振る舞われました。

f:id:shichioh:20170802164902j:plain

 

f:id:shichioh:20170802160546j:plain

 

f:id:shichioh:20170802160611j:plain

(ご飯を待っている間は、飛行機を作って遊ぶ)

 

 参加者は、子ども3名、大人8名ほど。ターゲットとなる困窮世帯の参加は見られませんでしたが、これから周知が進めば、状況は変わってくると思います。今は「子どもたちに腹一杯のご飯を食べさせたい!」と、行動を起こしたことに価値があります。

(いつだって何かを始めたり、ゼロから何かを生み出すことは大変)

 集客は、どの子ども食堂も苦労していることなので、少しでも助けとなれるように、私は情報の拡散をしていきたいと思います! 

 

子どもの貧困の今。

 子どもの貧困率は、2015年の調査により全国13.9%。2012年の調査では、16.3%と実に6人に1人が貧困に陥っていると指摘されています(愛知県は、全国平均より大幅に低い5.9%)

 また、「低所得層の子どもは、そうでない子に比べて、成長に欠かせない栄養素(タンパク質や鉄など)の摂取量が少ない」など栄養面の格差も指摘。その差は、主に給食のない週末に生まれ、「食事代わりにアイス一本を食べるケース」もあるなど、栄養摂取が給食頼みとなっている現実があります。

  これは夏休みなどの長期休暇でより深刻化します。今回、稲沢子ども食堂が夏休みに開催されたのにも上記の理由があります。

 

 

 今回の開催にあたり、食料品の支援など方々から助けがあったとのこと。大人の支援を繋げて、次回の開催やそれ以外の日での支援に繋げていきたいですね。

 

■稲沢子ども食堂の次回開催予定日

平成29年12月27日(水) 11時30分〜

 f:id:shichioh:20170802160639j:plain

しち おう/志智 央
Facebookhttps://fb.com/shichioh
Twitterhttps://twitter.com/shichi_oh
phone:090-4239-4726
mail:shichioh@gmail.com