しちおう ブログ

不登校を経て、作業療法士として病院に勤務、現在は稲沢市議会議員として活動する「しちおう」のブログです。

「尾張の虫送り行事」で燃えそうになった件。

稲沢市祖父江町では、年に1度、「虫送り」と呼ばれる行事が開催されます。

虫送りは、稲に害をもたらす虫を追い払う五穀豊穣の行事で、鐘や太鼓を鳴らしながら、たいまつや提灯を持って田んぼを練り歩きます(昔の映画などで、見たことがあるかもしれません)愛知県の無形民族遺産に登録されており、参加してきました。

 

f:id:shichioh:20170709215741j:plain

「サネモリ様」と呼ばれる本行事の主役。40度近くなる体育館で、みんなで作ります。このサネモリ人形が、練り歩きの際はシンボルとして先頭を歩きます。今年のサネモリ様は、小柄だそうです(体を形作る素材が、近年は取れないとのこと。伝統行事を続けることの難しさを感じます)

 

f:id:shichioh:20170709215808j:plain

走るサネモリ様。早くて、写真がブレています。後から付いて行こうとすると、ソッと手袋とたいまつになる藁を渡されます。こ…これはもしや…燃え盛るたいまつを一緒に持つパターンでは…

f:id:shichioh:20170709215840j:plain

田んぼに到着。有無を言わさぬ滑らかさで、藁に着火されます。やはり…

f:id:shichioh:20170709215905j:plain

写真では分かりにくいですが、火が大きく、燃えた藁や火花が飛んできています。やる気で心が燃えているとか比喩的な意味ではなく、体が軽く燃えています

f:id:shichioh:20170709215952j:plain

田んぼを歩いた後、燃え盛る炎の中にたいまつなどをくべ、最後はサネモリ様を投げ入れます。昇天させて、虫送りは終わりです。

 

伝統行事を継ぐ、ということ。

前回の記事で、「〇〇に参加しました」などの当たり障りのない出来事以外も書いていきたいと言ったにも関わらず、さっそく書いていますね。これには理由がありまして、伝統行事は誰かが継がないと、失われてしまうからです。

この虫送り行事も、素材が集めづらくなったり、参加者が減ってきたりしています。本行事は、お米がたくさん取れるように」という意味以外にも、サネモリ様を作るために老若男女が集まって力を合わせるなど地域の顔の見える関係作りや、団結する意味もあると参加して感じました。

 

燃えそうになる(というか燃えた)大変さも含めて、とても見所のある素敵な行事。

もっといろんな人に知ってほしいし、参加してほしい(地域に関係ない人も、人形作りと練り歩きに参加できる体験ツアーがあれば、需用があると感じた)

 

そんな意味を込めて、本日は報告しました。

地域のおもしろい行事があったら、是非参加して頂きたいですし、機会があれば一緒に参加するのも良いなぁと思いました。

f:id:shichioh:20170709220014j:plain

しち おう/志智 央
Facebookhttps://fb.com/shichioh
Twitterhttps://twitter.com/shichi_oh
phone:090-4239-4726
mail:shichioh@gmail.com