しちおう ブログ

不登校を経て、作業療法士として病院に勤務、現在は稲沢市議会議員として活動する「しちおう」のブログです。

LGBTの当事者と、違うことと同じこと。

LGBT※当事者の方たちと、お話してきました。

LGBT…女性同性愛者、男性同性愛者、両性愛者、性同一性障害など、心と体の性が一致しない人たちのそれぞれの英語の頭文字(Lesbian Gay Bisexual Transgender)を取った性的少数者の総称。

f:id:shichioh:20170624220125j:plain

 

LGBT。聞き慣れない言葉かもしれませんが、1年くらい前から、当ブログでも触れてきました。きっかけは、ある二つの出来事からです。

一つ目は、性的少数であることを理由に、子どもが自殺した事件を知ったことです。知らないだけで、同様に苦しむ子どもがいるならば、自分にできることを探したい。

もう一つは、親が、子からカミングアウトされた時に、子の幸せを最優先にして受け入れた姿を見たことで、「俺はこんな親になれるのか?」という自分自身への問いから始まりました。

shichioh.hatenablog.com

 

多数派が少数派になる場所。

勉強会は、NPO法人“ASTA"※が主催しています。

会場には、性的少数者と言われる方が大勢いて、もはや少数派ではないナイスな雰囲気。

※ASTA:ホームページ 

LGBT性的少数者と、ひとくくりにされがちですが、会場には、体は女性で、心は男性、性別適合手術を受けてパートナーと結ばれた男性や、息子が同性愛者である母親、両性を愛す女性など、さまざま。

カミングアウトを受け入れられなかった家族が、受け入れていく過程や、同性カップルが、将来を思い描いた時に、ローンや相続、子どもの問題と直面した不安など、当事者の視点で経験や悩みを話してくれました。

f:id:shichioh:20170627224156j:plain

f:id:shichioh:20170627224253j:plain

(⬆会場には、性別に関係なく、だれでも使えるトイレも)

 

自分をオープンにする勇気。

当事者と話す会なので、当たり前のように行なわれていましたが、本来、自分をさらけ出すことは、とても勇気がいることです。私も、自分が不登校であったことは、十年以上言うことができませんでした。

彼らは、“自分のこと”を話したいから、そうしているわけではなく、自分“たち”を理解してもらいたいから、体を張っています。誰かのために、自分のことを話している。

 

 

その強さと、“性”を通じて、“自分らしさ”や“幸せに生きること”と向き合っている彼らの言葉に、感動しました。

知ることの意味。

時折、「知ったから、何になるのだ」という言葉を聞きます。

自分自身が、なぜ、知ることを続けているのかと言えば、以前にLGBTについて触れた際に、彼らに対する無理解を指摘された、という、なんとも情けない反省からです。

 

知ることで、他人事であったLGBTという言葉は、変化していきます。知り合いや友人ができると、LGBTに対する非難が、自分事のように痛むようになります。他人事ではなくなってきます。

 

それが、知ることの意味だと思います。 

これから。

話の中で、彼らが直面する教育や制度上の問題と、周囲の理解については、改善する必要性を強く感じました。当事者以外の者が、公の場で発言することの是非に悩んでいましたが、他自治体の職員とも繋がれたので、当事者の声と他自治体の進め方を聞いた上で、稲沢市としてできることを議会の中で探っていきます。

f:id:shichioh:20170627224323j:plain

しち おう/志智 央
Facebookhttps://fb.com/shichioh
Twitterhttps://twitter.com/shichi_oh
phone:090-4239-4726
mail:shichioh@gmail.com