しちおう ブログ

不登校を経て、作業療法士として病院に勤務、現在は稲沢市議会議員として活動する「しちおう」のブログです。

ワークライフバランス。

議会での登壇を終えました。

今回も友人や、担当していた患者さん、以前に仕事でお世話になった方などが見に来てくれました。市外から来て下さる方や、今回は叶わなかったですが、県外から来ることを検討して下さった方もいて、とても嬉しかったです。

見守ってくれる人がいるだけで、準備も、発表も、頑張ることができます。

本当にありがとうございました!(また来てね/笑)

 

 

今回のテーマ:ワークライフバランス

10年ほど前から登場したこの言葉。「私生活よりも仕事が大事」という価値観から、仕事は暮らしを支える重要な要素だけど、「充実した生活には家庭や地域生活も大事」という認識への転換を表しています。

仕事をしなければ経済的に困窮する、逆に人生の大半を仕事に費やしては心身の健康や家庭が損なわれてしまう。これらを両立するに、仕事と生活のバランスを整える必要がある、ということです。

 

なぜ、このテーマにしたのか。

仕事と生活のバランスを整えたり、働き方を改革したりすることは、単なる労働の問題や心身の健康といった個人の問題に留まりません。少子化など社会に与える影響が大きいとても重要な論点であり、職員や医療従事者、保育士、教員、彼らのやりがいに依存せずに、必要な対策を講じる必要を感じて、テーマに選びました。

 

答弁の概要。

過労死ライン(時間外労働時間が月80時間を超える)の職員は、一般職で約30人。教員は、中学校156人中、50%を超え、医師の最長時間は126時間と判明しました。サービス残業を抜いた、記録上の数字でこの状態で、常態化もしていました。


(ちなみに、月100時間の残業をシュミレーションすると、9時から勤務し、23時に終了。これを平日は毎日続ける計算となります…壮絶ですよね…)
 
 
医師の場合、この状態で生死に関わる手術を行ないます。私は、過労死が危惧される医師に自分や家族の手術を任せられませんし、教員に子どもを預けることもはばかられます。

 

私は、彼らの仕事に対する姿勢や想いを否定しているわけではありません。これだけの時間を割いて、患者や子どものために働ける医師や看護師、教員、保育士は素晴らしい方です、尊敬しています。その方が、健康で、長く勤め上げられるシステムに転換することが、結果的に市民サービスに繋がると信じているために、敢えて書いています。

 

 

「この働き方が、教育や医療の質を担保している」と言うけれど、誰かの負担の上に成り立つシステムが、本当に上質で、維持できるのか?私たちが目指す行政や教育、医療の形は、もっと違うものではないのか?

 

実際の成功例を紐解きながら、今回の質問を契機に変えようと呼びかけました。
 


結果。

稲沢市でやれることを調査し、改善策を前向きに考えてくれることになりました。

管理職の労働時間調査、教員の総労働時間の把握、会議が円滑に行なえる手法の導入、ワークライフバランスに取り組む企業の宣伝、部活動の負担軽減策の導入(過重労働となっている教員の全てが部活顧問をしていたため、部活の補助員を、スポーツ課に仲介してもらうことで集める)などなど。実現に向けて動き出しました。

 

 
また、テーマを決めてから、「家族が教員で…」、「友人が保育士で…」など、いろんな人から、議題にしてくれて嬉しい、頑張って、と声をかけて頂き、やって良かったと思いました。働くことは、みなさんの関心が高く、とても重要なテーマですね。

 

今回で終わりにせず、1年後に取り組みがどう変わったか、残業は減ったか、など、この問題は継続して扱っていこうと思います。最後に、傍聴に来て下さった方がコメントを下さったので紹介しますね。

 

稲沢市議 しちおうさんの一般質問を聞きに稲沢市議会へ】

テーマは「ワークライフバランスと働き方改善」

残業や、過重な労働が、個人の生活に影響を与えていて、それが少子化に繋がっているというところ、それを市の職員、医師、看護師、保育士、教師のそれぞれの実情を挙げて、数字で具体的に説明してくださるあたり、わかりやすいし、着眼点が素晴らしいなと思った。

 

1.25倍の時間外手当をつけて残業をする内容に、それだけの価値はあるのか、その分を減らして、本当に必要な公共事業に当てた方が良いのではないか。

 

新人の研修医の残業時間は100時間越えになる。(9時〜23時の勤務時間が毎日続く)命を預かる仕事で学びの多い大切な時期だが、自殺者も出ている事実もあるということ。

 

保育士は、打ち合わせ、行事準備など園児のいない間の時間がかかってしまう。現場の声と、担当者との間に温度差があるような感じがしました。

 

教師には、時間外手当が出ない。部活顧問の負担軽減策など。

 

いつも、きっかけをありがとうございます。

1階の喫茶店、ランチやすい!

 

・登壇者(敬称略)

6月14日:六鹿、しち、渡辺(ち)、網倉

6月15日:加藤、木全、長屋、津田

6月16日:魚住、渡辺(幸)、服部(礼)

明日以降も一般質問続きます。投票した人がお見えだったら、是非、見に来て下さいね!一階食堂のランチもオススメです(笑)−詳しい日程と発言要旨はこちら−

f:id:shichioh:20170614201911j:plain