読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しちおう ブログ

不登校を経て、作業療法士として病院に勤務、現在は稲沢市議会議員として活動する「しちおう」のブログです。

提案がカタチになりました!〜稲沢市のふるさと納税〜

昨年9月の議会で、「ふるさと納税の返礼品に、空き家の庭などを納税者に代わって清掃するサービスを追加しては?」と提案したところ、今年度から導入されました!

f:id:shichioh:20170512112139j:plain

情報は、中日新聞の朝刊(地方版)を読んで、「なんか見たことある…というか喋ったことのある内容だな…」という感じで知りました(笑)

 

ふるさと納税の現状と新サービスの狙い。

ふるさと納税は、居住地以外に寄付(納税)できる制度で、寄付の大部分は控除されます。そのため、多くの自治体で高額な返礼品を出して、寄付を募る過当競争となっています。

稲沢市は、ふるさと納税により入るお金と出ていくお金との差が、27年度 マイナス約6500万円。本来、入るはずだった税収が他自治体へ流れてしまいました。

高額納税者ほど控除限度額が増す➡お金持ちほど恩恵を受けられる側面もある)

 

 

縁もゆかりもない土地に納税する時点で「ふるさと納税」ではないため、私は本制度に否定的です。また、過当な競争の中で自治体が消耗することも危惧しています。

稲沢は、お米やお肉といった目玉となる名産もないので、それとは異なる価値観のサービス(かつ、ふるさと納税の趣旨に反しないサービス)を!と思い、冒頭に示した案を話しました。

本サービスは、新聞に記載された通り“空き家対策”にもなりますが、他にも、市内に残した親へ向けて庭の掃除や樹木の剪定、草取りを行なう「親孝行」として使えます。稲沢市は植木・苗木が盛んなためか大きな庭が多くて、高齢者にとって草取りや剪定などは大変そう。きっと、市外に出た人が親孝行をしたいと合わせれば、需要はあると考えて提案に至りました。今後、利用してくれる人が増えてほしいですし、市内の方から子どもへリクエストするのも良いと思います。

 

 形作る人。

自分の提案がカタチになった喜びを書きましたが、私がしたのは考えを示すまで。アイデアを真剣に受け止め、形に成したのは職員さんの力です。感謝しかありません。

 

 

f:id:shichioh:20170513221054j:plain

これ以外にも、稲沢の土地利用を考える上で参考になる事例を発見したので、江南市役所まで直接伺ったり、精力的に動いています。これからも、おもしろい取り組みを考えていきますので、乞うご期待!!

 

しち おう/志智 央
Facebookhttps://fb.com/shichioh
Twitterhttps://twitter.com/shichi_oh
phone:090-4239-4726
mail:shichioh@gmail.com