読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しちおう ブログ

不登校を経て、作業療法士として病院に勤務、現在は稲沢市議会議員として活動する「しちおう」のブログです。

自治体間競争に殴り込み!?〜稲沢イルミネーション〜

稲沢市政 イベント

今年度、初めての雪。

f:id:shichioh:20170115151110j:plain

こんな寒い日はこたつでぬくぬくしたいところですが、稲沢市の新たなイベント「稲沢イルミネーション〜イナイルミ〜」を手伝うために朝から出かけてきました。

f:id:shichioh:20170115151142j:plain(雨靴がなくて、消防の靴で出動/笑)

 

稲沢とイルミネーションの関係は?

稲沢市は、青色LED開発企業 豊田合成の製造拠点があります。数年前に、赤崎氏や天野氏がLEDでノーベル物理学賞に選ばれた時から、市役所では横断幕を掲げたり、特設コーナーを作ったりで盛大にあやかって…アピールしていました。

今年度は、稲沢市を「青色LED生産の街」として広め、かつ地域の活性化を図るためにイルミネーションが開催されることとなったようです。

 

作ったのは「ペットホタル」というペットボトル型のライトで、地面に差し込んで使います。暗くなると青や白色に光り、その名の通り蛍のように明滅します。細かな作業が苦手なしちですが、四苦八苦しながらなんとか制作。目標の1,730(い・な・ざ・わ)個を目指して、黙々と約2時間かけて取り組みました。

f:id:shichioh:20170115152539j:plain

(工作の時間みたいで作業はとても楽しかったです)

 

 

みなさんもご存知の通り、イルミネーションは各所で行なわれています。三重県にあるなばなの里の電球数はなんと700万個。民間だけでなく自治体も力を入れており、あま市は30万個、名古屋市では名古屋駅周辺だけで15万個以上の電球数です。

 

そんな過酷な競争の中に果敢に切り込む稲沢市…さすがです。

 

 

とは言え、勝負は量より質。小規模だからこそ出来ることもきっとあるはずですし、ペットホタルの光りの明滅は明るい場所で見ても綺麗でした。熱心に取り組んで下さっている実行委員会の方たちの努力が実り、市民に愛されるイベントになると良いなぁと思います。

f:id:shichioh:20170115155956j:plain

・稲沢イルミネーション〜イナイルミ〜

2月5日(日)17時30分〜点灯式

2月18日(土)の期間中、17時〜21時まで点灯しています。

会場は文化の丘公園(稲沢市長束町沼100−5 稲沢市民病院北)

 

しち おう/志智 央
Facebookhttps://fb.com/shichioh
Twitterhttps://twitter.com/shichi_oh
phone:090-4239-4726
mail:shichioh@gmail.com