読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しちおう ブログ

不登校を経て、作業療法士として病院に勤務、現在は稲沢市議会議員として活動する「しちおう」のブログです。

マイナンバーの通知カード

稲沢市政 マイナンバー

今朝は市役所前に立ちました。

バイクの調子が悪くなって立ち往生している方が見えて、声掛けに行こうと思ったら別の方から急きょ難民問題について話し掛けて頂きまして…アタフタしている間に、バイクは直り去って行かれました。

 

直って良かった、一方で、話を上手に一旦止めた上で、バイクの方に行けるスマートな男になりたかった…と思いました。

 

 

さて、今日は、少し話題になったマイナンバーの通知カードについて触れます。

マイナンバーの概要を簡単に説明すると…

国民一人一人に個人番号を割り振る制度で、行政事務の効率化や、必要な所に必要な分の税徴収および社会保障が提供出来、国民にとっても利便性が増すとされています。

 

私は、初期投資や運用経費など費用対効果の面と、他国で既に問題化している悪用のリスクを思い、マイナンバーに関しては消極的な姿勢でいます。

ただ、既に動き始めている制度なので、市民の方の不利益にならないよう、運用を監視するのが役目と思っています。

 

そして、昨年末に通知カードが各世帯に送られたわけですが、中には受け取ることが出来ず、4000件ほど役所に戻って来ました。

役所で預かっているため、引き取りに来て頂くよう加えて通知書を送りましたが、その文言がネットで問題視されていました。

f:id:shichioh:20160114224417j:plain

(抜粋)〜本通知書は、居住実態の確認も兼ねております。後日調査の上で、居住確認がとれない方は、「住民票を消除する場合もあります」ので御了承下さい。〜

 

以上の住民票を消除すると言う部分が、受け取れなかった方には恐怖を、敢えて受取拒否した方には脅しに感じられたようです。

経緯としては、この通知書を送る費用を、国の補助金が出る「マイナンバーに関する居住実態の確認」で行なったため、住民票の話にまで発展していた(もちろん、今回の言葉の遣い方にも反省点はあると思います)ようです。

したがって、通知カードを受け取らないからと言って、住民票が消除されることはありません。

受け取られる方は、平日だけでなく休日も特定日は対応していますので、通知書を確認してみて下さいね。

 

これからも色々とあるかもしれませんが、その都度私に出来ることは対応していこうと思います。